薬局・ドラッグストア・美容健康の辻薬店。 唐津市を中心に展開しています。

辻薬店からのお知らせ
5月公開研修会 報告
2019/05/17

5月公開研修会 報告

【薬局での栄養相談事例検討】

5月14日に栄養相談をテーマの発表と事例検討会を行いました。
今回は3人の方に発表を頂きましたが、どれもこれから先の薬局の役割に光を照らすものです。

1つ目は弊社 古川先生に弊社が5年前から行っている栄養相談会をまとめた内容を話して頂いています。
自分たちが行っているものを理論的に紐解いていくと、行ってきた事が正しかったのか、問題は何かというのかよく分かります。
元々5年前に新米ママさん向けに始めた栄養相談会がいつしか生活習慣病対策にも幅を広げて行うようになりました
ただ栄養士と薬剤師の横の連携がとれていなかったために、生活習慣病改善の面ではなかなか効果を出せていなかった事が分かり、開催店舗の見直し、患者抽出方法を検討するなどして、成功事例を生み出すことができたのはうれしい限りです。

2つ目は、北九州を中心に展開されているサンキュードラッグ社の柴田有理様から『スマイルクラブ』についての紹介を頂きました。このスマイルクラブは会員制の栄養と運動の相談システムで、現在300名以上、累計で3000名以上の方が利用されています。
栄養士が最高で月4回30分のカウンセリングを行い、食材の選び方から調理の仕方、献立の決め方までを徹底サポートされますし、必要に応じてトクホなどの商品を勧めています。
今回もトクホ『賢者の食卓』を活用され、体重を5キロ以上減量した例や内臓脂肪が21㎤減少させることができた事例を発表頂きました。
こうした成功事例はその商品がいいのはもちろんですが、やはりお客様に月4回のカウンセリングで改善プランに納得してもらう事が大事という点がよく分かりました。

最後は事例検討です。相知のテンジン薬局 富永先生から薬局での栄養相談事例を1つ出して頂きました。
今回は呼吸器疾患があり体重が減少している事例で、体重を増やしていかなければならないが食事指導がなかなかうまくいかないものでした。
今回の公開研修会には弊社の薬剤師だけでなく、看護師、ケアマネージャー、栄養士、介護施設管理者の方が参加されています。
沢山の目線でいろんな解決策がでました。
そもそもの本人の希望と目標設定の見直し、食事を作ることと食べることが負担になっているので、簡単な調理の提案、補助食品の活用、ケアプランの見直しと介護サービス利用に向けた動きなどと薬剤師だけでは到底、生み出せないアイデアばかりです。
多職種連携、チーム医療と最近はどこでも口にされますが、今回の研修会はほんとにそれが実感できるものでした。

来月は『看取り』がテーマの事例検討会を行います。
佐賀県で『看取り』に関わっている薬剤師のトップランナー 神崎薬局 千代延誠治先生をお招きしての検討会です。
近く告知をしますので、興味のある方は遠慮なく弊社へお越しください。